2004.06.18

★装置説明

衛生士さんによる説明。

価格表がついた装置一覧表を渡してもらいました。
料金は治療の難しさから3タイプあるとの事で、私は一番難しい部類のDIFFICULTになるとのことでした。ただし、リンガルブラケット(裏側からの装置)以外はSTANDARDと同料金でした。しかも、お値段を聞いて驚きました。

なんと、プラスチェックの装置でも60万円台でした!!さらに驚いたことに調整料金・ブラッシング指導・リテーナー(8万円相当)を含むとのことです。多分インターネット等でいろいろな医院のサイトを見ている方はご存知だと思いますが基本的に矯正治療には毎月1回調整が必要でその調整毎に料金がかかります。私が見た感じですと大体5,000円くらいのようです。たとえば矯正治療に2年間かかった場合、調整料金だけで12万円かかってしまいます。

私の行っているクリニックの料金表はコチラ
(渋谷に通院可能な方、本当にオススメです!)

次に、価格表がついた装置一覧表を見ながら実物を見せてもらいました。
山盛りになった歯の模型がゴロゴロとでてきました。種類の多さに驚きました!

私のメモをとりたそうな素振りを見て衛生士さんが気を利かせてくれてアラジン人形のついたボールペンを貸してくれました。それでメモを取りながらお話を聞きました。衛生士さんも先生同様、正直で面白く親近感の沸く方でした。

衛生士さんも現在治療中で装置を変更したりしたんだそうです。いわば、専門家であり矯正治療の大先輩です。今は見た目重視のキュービックジルコニアの装置を入れてるけど違和感が多少あり、唇のうまくすべりが少しだけ悪いとおっしゃっていました。

◆デーモン
衛生士さんのお話等から個人的には
デーモンという装置がすごく気になりました。

↑ちょっと目立つ!?でも治療期間が短いのは魅力かも・・・。

(名前はちょっと怖いです・・・)
受付の方もデーモンで治療中ですが、痛みが全く無く歯がみるみる移動してるとのことです。
ただ、ちょっと厚みがあるのがあるのが気になります。(帰りに受付の人に見せてもらったんですが、確かにほかの装置にくらべ目立ってました・・・。でも本当に痛くないしおススメとのこと)

◆プラスチック(クリアスナップ)
あとは、プラスチックでゴムのオーリングをつけない、フタつきタイプ(クリアスナップ)が気になりました! オーリングは実はカレー等で変色しやすいんですが、このプラスチックのフタはほとんど変色しません。フタつきに変更できる場合はフタつきがおススメとのこと。


↑プラスチックの料金で出来ます!全然目立ちません。


◆QCM
あと、全部プラスチックの装置(QCM)等がありますが2週間に1回検査に通わなければならないとのことでした。コチラも全く目立ちませんが、2週間に1回の通院は難しいので残念ながら私にはムリです。


◆スピード
ほかにスピードと
言う装置ですが、別に治療がすぐ終わるわけではありません。しかも厚みが結構あります。人気があまりありません。とのこと。(衛生士さんが正直に説明してくれました!)


◆キュービックジルコニア
キュービックジルコニアはきれいでした。ダイヤモンドでできてるからかたいから基本的に取れないとのことです。取る時痛いようです。ただきれい。実は私いれてるんですよ。でも唇のすべりがすこし悪いんですよ、と衛生士さんが体験を語ってくれました
(わたしが見た感じはやっぱり目立たないしキレイ!)


◆セラミック

セラミックははずすときの衝撃が少ないですけど、まあはずすのって1回しかないのに値段はぐっと高いですね。これもあんまり人気が無いんですよ。(またまた、衛生士さん正直すぎっ!)


◆チタン

チタンは体に優しい。見た目はメタルと一緒でもお値段は違うみたいです。金属アレルギー等のある方向けのようです。

で、装置は上下違う装置を組み合わせることができます、とのこと。

とにかく種類が豊富でした!

他にも色々な装置がありました。詳細はクリニックのホームページを見ていただいたほうが良いかも知れません。






スズの歯列矯正治療日記TOPへ