2004.07.12

最後の晩餐!

とりあえず、明日は抜歯です。心残りが無いようにおやつにお煎餅、夜に友人と
焼肉をたべておきました!
しばらく食べれないと思うと味も格別!

これで心おきなく歯が抜けます。

 

2004.07.13

抜歯

私は合計4本抜くことになっているのですがまずは右側を抜いてもらうことにしました。
1本ずつ抜いていくことも、上下2本ずつ抜いていくことも可能ですので、どちらでも好きな方法でできるとのことでした。
私は迷わず2本ずつでお願いしました。
4回も通院して1本ずつなんて面倒ですし、痛い思いをする日数が少ないハズ!と思ったからです。

若くて綺麗な先生(多分一般歯科担当の先生)が抜歯してくれました。
しかも先生はなんだか保母さん、もしくはお母さんのような感じでした!とにかくやさしそうな感じでした。(ただし作業は抜歯)

「麻酔する前の表面麻酔(違う単語だったかもしれません)がイチゴとねグレープがあるんだけどどっちがいい?」
「ピリッとする薬をつけるから舌丸めて下さいね」
「うん、上手ね」
「うん、ゆれてきたから後少しで抜けますね」

と言った感じで優しく実況&説明をしてくれました!かなり安心できます!
イチゴとグレープ味の麻酔を用意してくれてるあたり何か変わった病院ですね。でも、患者さんを思う気持ちが伝わってきます。 私的にはポイントかなりアップでした!

■抜歯の感想
そんなに歯を抜かれたことはありませんが、多分うまかったと思います。

レントゲンを見ながら
「下の歯の根が曲がってますね」 といいながら抜くときにその曲がり具合にあわせてカーブをかけて抜いてくれているようでした。
なんかチョット押してる感じがしただけで抜けてしまいました。
抜いた歯も綺麗に抜けていたし、穴も小さかったようです。

先生も抜歯にはこだわりがある様子で
「うん。だいたい1分で綺麗に抜けました」「傷口も最小限で抜くことができましたよ」とおっしゃっていましたので私としても安心しました。

こちらの医院は先生も衛生士さんも皆丁寧に患者さんに状況を説明してくれます。そういう方針等が徹底されているのでしょうか?患者にとってはとても有難いです。なんていっても歯科、それも矯正歯科など未知の世界ですから、何をされているかわからないと不安ですからね。




スズの歯列矯正治療日記TOPへ