2004.10.25

★調整第3回目

今日は第3回目の調整の日です。前回同様、歯の状態を先生に見てもらい治療をしてもらいます。今回の治療のメインは正中線です!

●状況


04/07/28
  装置装着からたった2ヶ月で上下ともほぼまっすぐに!
また、上下のかみ合わせも改善されています!
04/09/28
  装置装着から3ヶ月。歯並びはスッカリ良くなりました。また、先月からの一ヶ月でかみ合わせも随分深くなってきました!
04/10/25


●衛生士さんによるクリーニング
いつものようにクリーニングをしてもらいました。どうしても下の歯の間に歯石がついてしまうようです・・・。歯石を取ってもらいクリームで磨いてもらいました。今日は先生が忙しいみたいで少し先生が来るまで診療用の椅子で待つようにいわれました。衛生士さんが親切に雑誌を何冊か持ってきてくれました。(まるでヘアサロンのよう・・・)

●先生によるチェック
先生に診てもらいました。そんなに待っていなかったのですが先生は何だか恐縮して「遅くなってゴメンね」とおっしゃっていました。そして「だいぶ噛めるようになってきましたね」といってもらいました。本当に自分でも動くのを実感しているので思わず「そうなんですよ!噛めるようになってきたんです!」といってしまいました。

●上の歯のワイヤー交換

以前よりまた更に強いワイヤーになるそうです。今回も白!


●下の歯の正中線(上下の歯の中心線)の修正


上下で中心がズレてしまっています。




パワーチェーンを3個つかって犬歯から犬歯の間の6本を左方向へ移動させることになりました。
先生から 「歯の移動が早いので場合によっては1ヶ月以内に歯が左に大幅に移動してしまうかもしれません。そうするとワイヤーが飛び出すかもしれませんからワイヤーが出てきたら来て下さい。」といわれました。


POINT!
上記の説明も鏡をつかったりして先生が分りやすく説明してくれます!
毎回本当に勉強にもなりますし、安心できます。

 

●Oリングのカラー選び

Oリングの色は今回も無難に透明にしました。着色も少ないしゴツくないのがいいですね。

●エラスティック


さらに一段階強くなりペンギンになりました。
今までのと比較してみると色々考えられて作られているのがわかります。
微妙に太さや大きさを調整して治療に最適な段階に分けられているみたいです。
関係ありませんがMADE in Mexico でした。

●説明
衛生士さん、先生から質問はないかと聞かれ、特になかったので本日は終了!

●先生からのアドバイス
今、前歯がだいぶかみ合うようになってきたので出来れば(前歯を)使うように、とのこと。矯正をスタートすると噛まないようになってきてしまうのですが、私の場合は前歯のためにも噛むようにしたほうがいいとのこと。





スズの歯列矯正治療日記TOPへ